2007年08月04日

遺族年金って幾らくらい貰えるの?

みなさん、こんにちは、今日は穏やかな土曜日です。
私も8月に行なわれる社会保険労務士試験の試験監督としての出務の
ため、説明会に行ってきました。

今年、試験に挑戦される方は、体調を整えて、今から新しい物に手を
出さずに、今まで自分が使用してきたテキスト・参考書・問題集を何度も繰り返し見ましょう!
たぶん、忘れかけていることが見つかると思います。
ゴールはもう少し、頑張ってください。

今日は、年金相談ランキング第3位の自分が死んだとき遺族年金は幾らくらい貰えるの?について説明していきたいと思います。

まず、遺族年金とは、国民年金に加入している自営業者などが無くなったときは、遺族基礎年金が子のある妻もしくは子供に支給されます。この場合、子供とは18歳未満の子供で18歳年度末を迎えている子供と生計を同じくしている妻には遺族基礎年金すらもらえないのが実情です。

遺族基礎年金とは、子供が高校を卒業するまでの扶養手当みたいなニュアンスかも知れません。
金額としては、792,100円+子供1人(加給年金227,900円)約100万円程です。更に子供が2人いる場合は、2人目までが+227,900円 3人目移行は75,900円が加算されます。

次回は、遺族厚生年金(サラリーマン等)の場合は幾らくらいもらえるのか説明していきたいと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。


 

posted by 年金花子 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
年々上がる社会保険料対抗策 2 by アマチュアホスト (02/19)
年々上がる社会保険料対抗策 2 by 在宅ホスト (02/17)
年々上がる社会保険料対抗策 2 by 中山大障害 (12/14)
年々上がる社会保険料対抗策 2 by 朝日杯フューチュリティステークス 2011 (12/10)
はじめまして! 年金専門ブログのスタートです。 by 保険屋丸ちゃん (07/26)
最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。